ホーム  担当講義 講義の日程

ジャーナリズム論

ジャーナリズムの作品を読み描き方を学ぶ

日本文学専攻創作・評論コースの選択必修科目として実践的な知識と表現力をつけることを目指す。
ジャーナリズムが社会において果すべき役割とはどのようなものかを学ぶ。さらに自分自身がジャーナリズムの成果であるノンフィクションの作品を書けるように、作品を例にしながら書くための方法を学ぶ。
また、参考資料の引用・参照などのルールについても指導する。


感想・質問・アンケートのページ

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー


第1回 9月12日(木)
 講義の進め方や評価についてのガイダンス・アンケート


(10月16日 敬老の日)

(10月23日 秋分の日)

第2回 9月30日
 ジャーナリズムと報道・ジャーナリズムを支える思想
 
第3回 10月7日
 メディア・リテラシーについて
 新聞記事・テレビニュースの作られ方
 プリント:各種新聞記事

(10月14日 体育の日)

第4回 10月21日
 日本におけるジャーナリズムの歴史1
 
第5回 10月28日
 日本におけるジャーナリズムの歴史2
 プリント:『滑稽新聞』

(11月4日 大学祭)

第6回 11月7日(木)
 小テスト
 ノンフィクション作品の二つの型
 プリント:鎌田慧『自動車絶望工場』他
第7回 11月11日
 小テスト返却・解説
 ジャーナリズムとしての評論
 プリント:小林秀雄『モォツァルト」
第8回 11月18日
 ノンフィクションと物語1
 プリント:最相葉月「星新一」他
第9回 11月25日
 ノンフィクションと物語2
 プリント:森達也「それでもドキュメンタリーは嘘をつく」他
第10回 12月2日
 レポート1のプレゼンテーション・提出
 
第11回 12月9日
 レポート1のプレゼンテーション(続き)
 参考資料の使い方の注意点
 自分で情報を精査するために
 プリント:堤未果『政府はもう嘘をつけない』他
第12回 12月16日
 
 
第13回 12月23日
 
 
第14回 1月15日(水)
 
 
第15回 1月20日
 
 

このページのトップに戻る